人と地球に優しい支援~東北被災地支援~Precious(プレシャス)

【活動報告】3月20日~24日ト@東松島市矢本

カテゴリ:活動報告
更新日:2012年03月26日
Tokyo de Volunteer サポーターの皆様こんにちは。
お花見はすごい人でせっかくお越し頂いたのに会えなかった方もいました。
また、ゆっくり会える機会を設けたいと思います。

さて、今回は花見当日販売させていただいたストール制作指導をしていただき、毎月野田さんを支えて矢本に連泊のボランティア頂いているママンサポーターズのスタッフのヴァユさんからのレポートです。


母の日のギフトに、この東松島の皆さんが作ったストールいかがですか。お買い上げ頂くことで活動支援につながります。是非ご検討下さい。

では、ヴァユさんからのレポートです!

==========================
グリーンタウンやもとの仮設住宅におけるママンサポーターズの活動も3回目。スタッフの山田ヴァユがレポートをお届けします。

3/20~24 (4泊5日)と長い滞在だったので、
プロジェクト全員のミーティング、チーム別や個人の打ち合わせ、編み物クラスなど、盛りだくさんの活動ができました。

以前ご報告した通り、3.11にはプロジェクトチームの作成した「天使のふわふわプチストール コサージュ付き」を、逗子市のイベントにて販売開始!!
さらに、ニューヨーク領事館で行われたパーティでのNYdV代表による活動紹介のおかげで、大使夫人がプチストールを華やかに身につけている写真も送られて来ました。

プロジェクトチームの全員ミーティングでこうした写真をお見せすると、「これは◯○さんの作ったものじゃない?」「自分の作ったものを、身につけて頂けてうれしい」と、とても喜んで頂きました。

 今回は各自の技術に合わせて、「ニットかぎ針編み」、「裂き編み」、「ゆび編み」の3つのチームに分け、リーダーを決めました。

これからは各チーム4~5名で、自主的に週1回程度集まり、お互いの親睦を深めながら、協力し合ってそれぞれ作品作りを進めていくことになります。

プロジェクトチーム、編み物クラスとも今回は裂き編みにトライしました。

そして。。。 滞在中、素敵なハプニングもありました。
編み物クラス終了後、約30名の外国人プレスの方々が視察に来られたのです。

グリーンタウンやもと第2集会所の自治会長のお話の後、作品を見せながらママンサポーターズの紹介もでき、短い時間ながらも興味を持って頂けました!!

またご好意により、仮設の一室をお借りする事ができたので、毛糸などの在庫を置き、プロジェクトチームの方々とも個別に面談や打合せをすることができました


写真はママンサポーターズ代表、野田の仮設での制作風景です。

仮設内で近いということもあり、気がつけば朝から晩まで30分~1時間ごとにチームの方々が入れ替わり立ち替わり来られ、あっという間に1日が過ぎるという状態でした。

個別にじっくりお話しすることで、皆さんがこのプロジェクトで制作する喜びを感じて頂いていることを実感でき、スタッフとしても喜びでした。
(文責 山田ヴァユ)
Copyright © 2012-2017 東北被災地支援 Precious. All rights reserved.